あなたにぴったり!ファンデーションやアイブロウ・まつげ美容液などのメイクアップツールの色選び・使い方・口コミをイエベやブルベ、日本人のお肌にマッチした形で提案させていただきます♪by STIMU

プリマヴィスタ下地の使い方と成分を分析!ニキビや肌荒れの注意点

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

プリマヴィスタ下地は、皮脂崩れ防止下地として有名ですね。

猛暑やマスクでの化粧崩れを未然に防いでくれます。テカリ防止効果が有り、夏のファンデーションが溶けるように落ちてしまうのを防いでくれますよ。

では、そんなプリマヴィスタ下地の詳細を確認していきましょう。

プリマヴィスタ下地の特徴がこちらです。

  • マスク、猛暑のヨレ予防成分配合
  • SPF20/PA++
  • 無香料
  • 色展開 : レギュラー・トーンアップ
  • 保湿成分配合

真夏の猛暑が続きでも、しばらくはマスクも手放せない状況が続きますよね。

そこで、下地選びは慎重にされたい方や、夏のメイクに困っている方は、ぜひ最後まで確認して下さい。

それでは、早速プリマヴィスタ下地の使い方、配合成分を分析していきます。さらにニキビや肌荒れの注意点についてもまとめました。

すず

プリマヴィスタ下地|使い方のポイントと塗り方4ステップをチェック

まず最初に、プリマヴィスタ下地の使い方と正しい塗り方を解説していきます。

プリマヴィスタ下地をより効果的な使い方をして、プリマヴィスタ下地の効果をしっかり発揮できるようにしたいですね。

プリマヴィスタ下地の使い方から確認していきましょう。

◆使い方の手順

  1. カチカチと音が鳴るまでしっかり降ってからの使い方をオススメします。
  2. 音が鳴ってから5〜6回くらいは振ってください。

◆プリマヴィスタ下地の使い方と正しい塗り方

  1. パール粒大くらいの大きさを手に取ります。
  2. 顔の額、両頬、鼻、顎に点乗せします。
  3. 顔の中心から外に向かって均一に伸ばします。
  4. 首元まで塗り忘れないようしっかり塗ってください。

プリマヴィスタの塗り方は、普段の使い方と同じ要領です。

しかし、使い方では注意点が1つあり、塗る前に必ず振ることがポイントになりますよ。

中で分離してしまっているので、使い方の手順では1番最初にしっかり振ると、下地がきちんと混ざります。

これを怠った使い方をしてしまうと、プリマヴィスタ下地の効果が半減してしまいます。振るのを忘れずに行って下さいね。

また、保湿成分が入っている下地です。化粧水、乳液の後に下地でもしっかり保湿してくれます。しかし、使い方ではペタペタしないです。

プリマヴィスタ下地の使い方で迷っていた方は、見て来たほほう法で試してみて下さいね。

すず

プリマヴィスタ下地|成分では崩れ防止に強い成分に注目

続いて、プリマヴィスタ下地の成分についてまとめて行きます。

冒頭でもプリマヴィスタ下地の特徴について触れましたが、具体的にどんな成分が入っているのか解説していきますね。

敏感肌の方は、配合成分も気になるところなので確認して下さい。

◆プリマヴィスタ成分

  • 保湿成分(アスナロ枝エキス)
  • 保湿殺菌効果(カミツレエキス)
  • 無香料
  • 独自のオイルコントロール処方
  • (トーンアップ)ピンク色で肌が明るく見える処方

プリマヴィスタ下地は、アスナロ枝エキスという保湿成分が入っています。

また、カミツレエキスという成分も入っています。カミツレエキスは、乾燥を防ぎ保湿効果もある成分です。乾燥性のニキビや肌荒れに効果がありますよ。

そして、プリマヴィスタ下地はオイルコントロール処方です。塗り方に工夫しなくとも、プリマヴィスタ下地1本でしっかり乾燥から肌を守ってくれます。

ただし、プリマヴィスタ下地にはエタノールが配合されています。なので、エタノールが肌に合わない場合は乾燥が気になるかもしれません。

すず

また、どうしても保湿成分が入っている下地だと、よれやすかったりが気になるところです。

その点、プリマヴィスタ下地には、崩れ防止にポリマー成分が多く入っています。そのため、肌は保湿されつつも、肌に密着するのでヨレや崩れが防げます。

ですが、成分を見ると、水の次にシクロメチコンというポリマー成分が来ています。ポリマー成分の配合量が多いことには、注意点もあります。

ポリマーの肌への残留は、肌荒れやニキビの原因となることが、一番の問題点です。クレンジング剤で毎回しっかり落とすようにして下さいね。

すず

ちなみに、ペタペタしたりテカったりしないように絶妙な成分配合になっているので、サラッとした肌を実現してくれます。

そして、プリマヴィスタ下地にはカバー力があるので、自然と肌がトーンアップし見えます。ピンク色で血色のある艶やかな肌に見せてくれます。

塗り方を工夫せずにニキビや肌荒れの時もコントロールカラーや色味の調節をせずに自然と明るく綺麗な肌に仕上がります。

汗をかきやすい夏でも、崩れにくくカバー力も保ってくれるところが、大きな特徴ですね。

すず

無香料なので化粧品特有の香りもしません。化粧品特有の香料が苦手な方にもオススメの下地ですね。

夏の時期は特に、色々肌に塗りたくないですよね。そんな時期にこれ1本でカバー力があり、イチオシの下地として使えますよ。

プリマヴィスタ下地|ニキビや肌荒れについての注意点

それでは、プリマヴィスタ下地のニキビや肌荒れの注意点を見て行きます。

 

ニキビや肌荒れにおすすめの成分を配合

成分のところでも触れましたが、保湿殺菌効果(カミツレエキス)が配合されています。ニキビや肌荒れを予防し、ニキビ跡をカバーしてくれる成分処方になっていまよ。

ニキビを予防する時に使うこともできますし、ニキビができてしまった後も予防しながらカバーすることができます。

そして、プリマヴィスタ下地はピンク色で、自然と肌色を綺麗に見せてくれます。肌に自然と馴染んでくれ、ニキビでの肌ムラなどを滑らかにカバーしてくれますよ。

また、カミツレエキスのカミツレは、ハーブの女王とも言われている成分です。

そのため、ニキビの予防にもおすすめですが、できてしまったニキビや肌荒れにも効果的だと言われています。

では、ニキビや肌荒れ時のオススメの使い方も解説していきます。

すず

ニキビや肌荒れでの使い方|ポイントは塗りすぎを防止すること

ニキビや肌荒れがある時は、より肌に気を使いたいですよね。

そこで大切なのが何の下地を使うかですが、同じくらい、どのように下地を使うかも大切になります。

ニキビや肌荒れができてしまう原因は皆さんもご存知かもしれません、ニキビや肌荒れでは、「皮脂」「細菌」が大敵です。

しかし、ここを未然に防いで使用すれば、肌荒れやニキビを未然に防ぐこともできます。

そのため、ニキビや肌荒れができてしまった時の、プリマヴィスタ下地のオススメの使い方について確認していきましょう。

すず

必要な物は、スポンジ(清潔な物)とプリマヴィスタ下地の2点です。

◆肌荒れ予防の塗り方・使い方

  1. 清潔に洗った後の手の甲に、隠したい部分に乗せる量の下地を出します
  2. 用意したスポンジで、下地を取ります
  3. 顔の中心から外に向けて全体に広げます

軽くスポンジを濡らしておくのがポイントです。余分な下地を吸い取って、肌荒れやニキビの原因となる塗りすぎを予防できます。

そして、必ず指ではなく、スポンジで塗って下さいね。

指には皮脂や細菌が沢山ついています。せっかく気をつけたくても、指で塗ってしまってはニキビや肌荒れの原因になってしまいます。注意して下さい。

このように、綺麗な肌作りのために使い方にも拘って行くと良いですね。

工程自体はいつもの使い方とそんなに変わりません。続けられることから続けてみて下さいね。

すず

プリマヴィスタ下地|口コミでは「カバー力抜群!」と高評価

それでは、プリマヴィスタ下地の良い口コミと悪い口コミについても解説していきます。カバー力の口コミについても詳しく解説していきますね。

口コミ評価では「汚い崩れ方はしない」けれど「メイクを落としても落ちた感じがしない」との声が出ていました。

成分でも触れましたが、ポリマーの配合が多く崩れにくいですが、その分、十分なクレンジング剤でしっかり落とすことが必要になります。

その点への口コミについても、もっと詳しく見て行きましょう。

すず

プリマヴィスタ下地の良い口コミ「汚い崩れ方もしない」

まずは、プリマヴィスタ下地の良い口コミから確認していきましょう。どんな口コミがあるのか気になりますよね。

プリマヴィスタ下地には、このような良い口コミがあります。

  • 梅雨から夏にかけて使用しています。梅雨の時期にもオススメです
  • テクスチャーがさらっとしているので、塗り方を工夫しなくても綺麗です
  • アイライナーが全然崩れなくて驚きました
  • パッケージが可愛いので見てるだけでハッピーです
  • おでこのテカリが夕方まで快適でした。
  • 毛穴に埋まるような汚い崩れ方もしないです!コスパ◎
  • 敏感肌でも荒れずに使用できる成分で安心して使っています
  • 全然崩れないので、化粧直しがとても楽になりました!

プリマヴィスタ下地には「汗で崩れやすい夏に大活躍」というような良い口コミが沢山ありました。

よく見かけるプリマヴィスタ下地のCMでも「崩れ知らず」ということが宣伝されていますよね。実際の口コミにも崩れ予防への良い評価が多かったです。

また、「敏感肌だけど肌荒れしない」という良い口コミもありました。

 

プリマヴィスタ下地の悪い口コミ「乾燥が気になる」

では、次にプリマヴィスタ下地の悪い口コミについて確認していきましょう。

プリマヴィスタ下地にはこのような悪い口コミもあります。

  • テカリにくいですが、肌に張り付いている感じがしました。
  • 落とす時、何度か洗わないとしっかり落ちた感じがしない。
  • 顔全体に塗ると乾燥が気になったので、部分使いでの塗り方をした方がいいです
  • エアコンの下などだと乾燥が気になりました
  • ファンデーションによっては使い方を工夫しないとムラに見えてしまいました
  • 肌の調子によってよれてしまう日がありました
  • 乾燥肌の人には合わないです。乾燥が気になってしまいました。

プリマヴィスタ下地の悪い口コミで1番多かったが「乾燥」です。

保湿成分が入ってはいますが、口コミを見ていると、元々乾燥肌の人には乾燥が気になってしまうようでした。

こまめな化粧水の使用や下地の前のスキンケアの段階で保湿をしっかりしておくと未然に乾燥予防できます。工夫して使用してみて下さい。

また、成分のところでも触れましたが、ポリマーの配合が多いのでどうしても「何度か洗わないとしっかり落ちた感じがしない」ということが口コミで投稿されていました。

ミルククレンジングなど、肌に優しいけれど洗浄力の低いクレンジングだと落ちにくいかもしれません。

おすすめのクレンジング剤はジェルやオイルです。やや強いクレンジング剤で、しっかり落とすように注意してくださいね。

すず

プリマヴィスタ下地のカバー力の口コミ「カバー力抜群!」

では、最後にプリマヴィスタ下地のカバー力について確認していきましょう。

プリマヴィスタ下地は、カバー力がとても人気ですが、実際の使用感が気になりますね。

プリマヴィスタ下地のカバー力についての口コミには、このような評価があります。

  • しっかりメイクをしたい時には、少し薄いかもですナチュラルメイク向け
  • 伸びがいいのでカバー力あるように感じました
  • マスクしていてもよれないので、カバー力抜群です
  • 程よく毛穴を埋めてくれるので夏は手放せないです
  • 日中の皮脂浮きしないので、メイク直しが楽ちんです

プリマヴィスタ下地は、口コミを確認すると、カバー力が抜群のようです。

しかし、しっかりメイクしたい時にはナチュラル見えになるみたいですね。しっかりカバーしたい場合はファンデーションを使い工夫した使い方が必要です。

最近流行のナチュラル肌にしたい時は、これ一つでできるのでとても楽ですね。

すず

プリマヴィスタ下地|アンジェとの違いは色

プリマヴィスタ下地には、「アンジェ」というラインナップがあります。2つの違いについて、簡単に解説していきます。

プリマヴィスタ下地、プリマヴィスタ下地アンジェの違いは「」です。アンジェは、少し紫がかったピンクになっています。

アンジェは台湾版になるので、肌の悩みが異なるために、色味も違うように作られています。

アンジェは紫がかったピンク色なので、くすみが気になる方におすすめです。

値段ですが、アンジェの方が安価でゲットできる場合もあります。気になる方はプリマヴィスタ下地のアンジェも確認してみて下さいね。

すず

プリマヴィスタ下地|夏の崩れ防止に最適だけど乾燥や洗い残しには要注意!

プリマヴィスタ下地の正しい使い方と成分をを細かく分析し、ニキビや肌荒れの使い方のポイントをまとめていきました。

プリマヴィスタ下地をまとめると、このような結果となりました。

  • 化粧崩れに特化した化粧下地
  • SPF20 PA++
  • ニキビや肌荒れにも安心して使える成分処方
  • くすみを飛ばすには「アンジェ」のラインナップもオススメ

口コミでも「全然崩れない」「化粧直しがとても楽」との声が多く出ていました。

しかし、その反面に「落としにくい」との声も見逃せません。実際に成分を確認すると、原因となっているポリマー成分が多く配合されています。

どうしても強力なクレンジング剤が必要になり、また、クレンジング後の保湿を怠るとさらに乾燥肌になってしまいます。

夏の崩れ防止にはプリマヴィスタ下地は効果的ですが、しっかりクレンジングで落とした後には十分に保湿し、肌を休めましょう。

なんにせよ、口コミから見ても、プリマヴィスタ下地は汗をかく真夏の季節にとてもオススメの下地です。

すず”夏の化粧下地で崩れにくい、ヨレにくいアイテムを探している方は、プリマヴィスタ下地をチェックして下さいね!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA