あなたにぴったり!ファンデーションやアイブロウ・まつげ美容液などのメイクアップツールの色選び・使い方・口コミをイエベやブルベ、日本人のお肌にマッチした形で提案させていただきます♪by STIMU

クリアウェルネス日焼け止めの口コミ評価!紫外線吸収剤の成分や使い方もチェック

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

クリアウェルネス日焼け止め・UVディフェンスミルクは、肌に伸ばした瞬間潤いがあり塗り心地がいいミルクタイプの日焼け止めです。

程よいトーンアップ効果もあり女性からとても人気です。

まずは、UVディフェンスミルクの特徴から確認していきましょう。

  • SPF50+ PA++++
  • ダメージレジスタント配合。自然由来で紫外線ダメージを防ぐ。
  • 紫外線だけでなく、乾燥や大気中の微粒子からも肌を守る
  • 化粧下地としての使用も可能
  • 汗や水に強いスーパーウォータープルーフ
  • 洗顔料やボディーソープで落とせる成分
  • 無着色、防腐剤不使用
  • 程よいトーンアップ効果

クリアウェルネス日焼け止め・UVディフェンスミルクは、肌を守りながら紫外線からも肌を守る肌の為に考えられた日焼け止めです。

そんなUVディフェンスミルクの口コミ評価や成分情報、紫外線吸収剤不使用の種類と正しい使い方について、まとめています。

クリアウェルネス日焼け止めの口コミ評価から順番に確認して行きましょう。

すず

クリアウェルネス日焼け止め・UVディフェンスミルク|口コミでは「べたつかないが、夕方に乾燥する」との評価

まず最初に、クリアウェルネス日焼け止めの口コミから確認していきます。

実際に使った方の口コミをみると「サラサラして不快感がない」「化粧崩れも防げて一石二鳥」と、汗をかくシーズンには最適の日焼け止めになりますね。

しかし「化粧下地としての使い方は、夕方に乾燥する」との声もありました。使い方によっては乾燥する場合があるので注意が必要になりますね。

それでは詳しい口コミを良い口コミから順番に見て行きましょう。

すず

クリアウェルネス日焼け止めの良い口コミ「サラサラとしたつけ心地」

まずは、クリアウェルネス日焼け止め・UVディフェンスミルクの良い口コミから見て行きましょう。

  • 程よくトーンアップして見えるので肌が綺麗に見えます
  • テクスチャーは、伸びがかなり良くサラサラとしたつけ心地です
  • 化粧水のような爽やかな香りがします
  • ベタつかないので、汗をかいてもサラサラして不快感がないです。また、ウォータープルーフ成分なのでレジャーにも最適です
  • 汗で落ちにくいのに洗顔料やボディーソープで落とせるので落とし忘れなどでの肌荒れ対策になりとても便利です
  • 脂性肌ですが、ベタつかないのでです
  • 伸びがいいのに、白浮きしないし保湿力抜群です
  • 秋冬にも乾燥知らずなので通年使用できます
  • パッケージが可愛いので使用する度気分が上がります

UVディフェンスミルクは、口コミからも大人気なのが分かりました。

夏のジメジメした時にサラサラなテクスチャーなのが良いようです。汗や水にも強いので、レジャーや海などでの使い方でも最適だと口コミにありました。

また、簡単には落ちないのにボディーソープや洗顔料で落とせる成分というのも高評価でしたね。使い方も簡単で、とても便利なのも良いようです。

化粧下地としての使い方も可能で、程よくトーンアップして見えます。普段使いに良いですね。

すず

何より、皆さんパッケージに一目惚れして試してみたという口コミがとても多かったです。パッケージは可愛い方が絶対良いですし、気分も上がりますよね。

そんな所も含めて、UVディフェンスミルクはとても口コミで評価の高い日焼け止めとなっていました。

しかし、そんな口コミでも人気のUVディフェンスミルクにも悪い口コミももちろんありました。そこで、次は、悪い口コミについて解説していくので一緒に確認していきましょう。

すず

クリアウェルネス日焼け止めの悪い口コミ「紫外線吸収剤使用のため肌荒れした」

クリアウェルネス日焼け止め・UVディフェンスミルクの悪い口コミも見て行きましょう。

  • 形状が丸いのもあり、出す時に苦戦しました
  • 化粧下地としての使い方は、夕方に乾燥するので注意が必要です
  • クリームのようなテクスチャーなので、容器から出すとき大変です
  • 顔に塗るにはカピカピしなくて良いのですが、首元はべたつきが気になります
  • 化粧下地の使い方ではカバー力が足りないです
  • 内容量が少ないのでコスパを考えるとリピートに悩みます
  • ちゃんと振らないと中で分離しているので注意が必要です
  • 紫外線吸収剤使用なので肌が荒れる時があります

UVディフェンスミルクは、沢山良い口コミがありましたが、悪い口コミももちろんありました。

ミルクタイプの種類なので、人によっては乾燥しやすかったり、逆にべたつきが気になったりという口コミがありました。

ただ、普段べたつきやすい方は、UVディフェンスミルクのテクスチャーがサラサラしているのでべたつきにくい、といった口コミもありましたよ。

しかし、肌タイプによって使用感が変わってきてしまうので、自分の肌にあった使い方を大切のようです。

また、首元や塗る場所によっては、べたつきを感じやすいようです。

そして、UVディフェンスミルクは紫外線吸収剤成分が配合されています。そのため、肌荒れしてしまったという口コミがありましたね。

しかし、紫外線吸収剤不使用の種類もあります。これは後半で解説するのでぜひ参考にして下さい。

すず

また、形状が可愛いので反対に使用が難しいという口コミも多くありましたよ。

容器の端ではなく、真ん中を押すように逆さにして使用すると、簡単に中身が出てくるようです。

使用が難しいという方は、この方法で試してみましょう。

クリアウェルネス日焼け止め|紫外線吸収剤は配合されている!詳しい成分もチェック

クリアウェルネス日焼け止め口コミを見て行きましたが、紫外線吸収剤が配合されているので「肌荒れした」との声も出ていましたね。

では続いて、クリアウェルネス日焼け止めの紫外線吸収剤などの成分についても確認して行きます。

UVディフェンスミルクに多く配合されている成分には、このような成分がありました。

  1. シクロメチコン
  2. 酸化亜鉛
  3. エタノール
  4. メトキシケイヒ酸エチルヘキシル

水の次に配合量の多いシクロメチコンという成分ですが、こちらの成分は、皮膚をすべすべした感触させる成分になります。

そして、エタノールの配合も多いので、サラサラなテクスチャーであることが分かります。

ただ、エタノールにより、肌が乾燥しやすくなったり荒れたりしたり、ということが起こりやすくなります。

また、UVディフェンスミルク成分には、メトキシケイヒ酸エチルヘキシルという成分が配合されていまが、こちらが紫外線吸収剤の成分になります。

紫外線吸収剤は、紫外線を一度吸収した後に、熱エネルギーとして放出します。そうして、紫外線が肌に浸透するのを未然に防ぎます。

しかし、肌質によっては痒みや赤みの原因になってしまう成分です。敏感肌の方には注意が必要なものになります。

紫外線吸収剤で肌トラブルを起こしやすい方には、資生堂の同じラインの日焼け止め「UVディフェンスミルクマイルド」「UVディフェンストーンアップ」がおすすめです。紫外線吸収剤成分が不使用のアイテムです。後ほど解説します。

すず

クリアウェルネス日焼け止め|使い方と落とし方を徹底解説

それでは、クリアウェルネス日焼け止めの使い方と正しい落とし方について解説していきます。

初めてUVディフェンスミルクを使う方には参考になる内容ですよ。最後までチェックして行きましょう。

すず

クリアウェルネス日焼け止めの使い方は2ステップでOK

まずは、クリアウェルネス日焼け止めの正しい使い方について解説していきます。

使用方法

  1. よく振ってから使用して下さい。中で分離しているのでしっかり振らないとしっかりと中身が出てこないです。
  2. 適量を手に取りムラのないようしっかり伸ばして下さい。

※顔には、スキンケア後に使用して下さい。身体には、容器から肌に直接取り、手のひらで伸ばすように使用して下さい。

UVディフェンスミルクの使い方では、必ずしっかりと振ることを忘れないで下さいね。

使い方では、油分と分離してしまって失敗したという口コミでもありました。

しっかり振ることを忘れなければ、正しい使い方で特に問題なく綺麗に塗ることができます。

すず

クリアウェルネス日焼け止めの正しい落とし方!石鹸で簡単に落とせる

次に、クリアウェルネス日焼け止め・UVディフェンスミルクの正しい落とし方について解説していきます。

UVディフェンスミルクは冒頭でもあったように、石鹸で落ちる成分で作られています

そのため、普段使用している洗顔料やボディーソープで簡単に落とすことが可能ですよ。

落とし方は特に注意点はないので、普段通りオフする使い方で大丈夫です。

すず

クリアウェルネス日焼け止め|ジェルやトーンアップなど3種類の特徴を詳しくチェック

ここからは、クリアウェルネス日焼け止め・UVディフェンスミルクと同じシリーズの商品を解説していきます。

成分のところでも少し解説した紫外線吸収剤不使用(ノンケミカル)の商品もあるので、こちらも合わせて確認していきましょう。

すず

UVディフェンス・ジェル

まずは、UVディフェンスジェルから解説してきます。

◆UVディフェンスジェル特徴

  • SPF50+ PA++++
  • 70g
  • ジェルタイプの種類の日焼け止め

UVディフェンスジェルは、UVディフェンスミルクと成分は同じで形状がジェルタイプの種類の日焼け止めです。

ジェルタイプのテクスチャーが好きな方や、チューブタイプの方が使い方が楽ちんだという人には、こちらの方が使いやすいですね。

ただ容器が少し大きいです。コンパクトな方が好きな方は、UVディフェンスミルクの方がはオススメです。持ち運びもしやすいですよ。

 

UVディフェンス・トーンアップ

次は、UVディフェンストーンアップについて解説していきます。

◆UVディフェンストーンアップ特徴

  • SPF35 PA+++
  • ラベンダーカラーのトーンアップ効果あり
  • ジェルタイプの種類の日焼け止め
  • 紫外線吸収剤不使用(ノンケミカル)

UVディフェンストーンアップは紫外線吸収剤不使用なので、紫外線吸収剤で肌荒れしてしまう方でも安心して使えます。

ただ、その分、SPFが低くなっています。ちなみに、UVディフェンスジェルよりもSPFが低いです。ジェルはSPFが高いですが、トーンアップではSPF35です。

そして、UVディフェンストーンアップは、トーンアップ効果のあるラベンダーカラーです。なので、化粧下地としての効果もありますよ。

普段あまり外に長くいない場合や、トーンアップ効果が欲しい方にオススメの日焼け止めです。

すず

UVディフェンス・ミルク・マイルド

最後に、UVディフェンスミルクマイルドについて解説していきます。

◆UVディフェンスミルクマイルド特徴

  • SPF50+ PA+++
  • 低刺激性のミルクタイプの種類の日焼け止め
  • 紫外線吸収剤不使用(ノンケミカル)

UVディフェンスミルクのテクスチャーは、UVディフェンスミルクと同じです。ミルクタイプとなっています。

そして、紫外線吸収剤不使用です。肌が敏感な方には、UVディフェンスミルクマイルドが一番おすすめできます。

紫外線効果も大きく変わらないので、レジャーや海などでも使える万能日焼け止めとなっていますよ。

すず

クリアウェルネス日焼け止め|なりたい状況によって使い分ける

クリアウェルネス日焼け止めの口コミ評価、紫外線吸収剤やその他の成分についてまとめていきました。

実際の口コミを確認すると「トーンアップして見えるので肌が綺麗に見える」「伸びがかなり良くサラサラとしたつけ心地」とありました。

しかし、成分にエタノール、紫外線吸収剤、が配合されていて「化粧下地としての使い方では、夕方に乾燥する」との口コミもありました。

クリアウェルネス日焼け止めは使い方も重要と言えます。エタノールなどの刺激が心配な敏感肌の方は、顔以外で使用するといいですね。

すず

また、クリアウェルネス日焼け止めは他に3種類ラインがあります。

UVディフェンスミルクで肌荒れする場合には、紫外線吸収剤不使用(ノンケミカル)のUVディフェンスミルクマイルドを使用すると良いでしょう。

肌質やその時のお悩み、トーンアップ効果が欲しいかにより、他にミルク・ジェルタイプなど3種類から選べるようになっています。

自分のなりたいお肌に合わせて使ってみると良いですよ。

全て石鹸で落ちる成分なので、海やレジャーなどで大活躍すること間違いなしです。化粧下地として使えるので普段使いにもおすすめできますよ。

すず

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA