あなたにぴったり!ファンデーションやアイブロウ・まつげ美容液などのメイクアップツールの色選び・使い方・口コミをイエベやブルベ、日本人のお肌にマッチした形で提案させていただきます♪by STIMU

クレドポーコンシーラーの色選びを徹底解説!シミやくまへの正しい使い方もチェック

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

クレ・ド・ポー ボーテは、百貨店コスメブランドの中でも高級でエレガントなイメージがありますよね。

そんなクレドポーボーテのコンシーラーは、美容のプロの方からも大絶賛されているので、気になっている方も多いはずです。

スティックタイプのコレクチュールヴィサージュと、筆タイプのコレクチュールエクラプールレジューの2種類がありますよ。

「密着してヨレない」「カバー力があるが厚塗りにならない」と口コミでも高評価で、価格も高級ながらやっぱり効果もすごいんです!

すず

そんなコレクチュールヴィサージュとコレクチュールエクラプールレジューの特徴からまとめると、この通りです。

コレクチュールヴィサージュ

  • 部分用ファンデーション
  • SPF25 PA+++
  • スティックタイプのコンシーラー
  • 色選びは5色展開

コレクチュールエクラプールレジュー

  • 部分用ファンデーション
  • リキッドの筆ペンタイプのコンシーラー
  • 色選びは4色展開

同じクレドポーボーテからのコンシーラーですが、ステックタイプと筆ペンタイプで使い方も用途も違いますね。

それでは、クレドポーコンシーラーの色選び、シミやくまへの使い方、口コミなどを徹底解説していきます!

クレドポー|2種類のコンシーラーそれぞれ色選びを徹底解説

まず最初に、クレドポーコンシーラーの色展開と色選びから見て行きます。

コレクチュールヴィサージュ、コレクチュールエクラプールレジューそれぞれの色の展開と色選びを詳しくチェックしましょう。

スティックタイプのコレクチュールヴィサージュ|色展開は5色

コレクチュールヴィサージュの色選びはこちらの5色からとなっていますね。

詳しいカラーがこちらです。

  • LOライトオークル:明るいオークル系
  • NOナチュラルオークル(標準色):自然なオークル系
  • DOダークオークル:暗めのオークル系
  • POピンクオークル:ピンクみがかった少し明るめのカラー
  • Hハニー:オレンジがかった少し濃いめのカラー

オークル系カラー3色と、ピンク系、オレンジ系カラーの5色展開となっていますよ。

スティックタイプのコレクチュールヴィサージュ|5色からの色選び

クレドポーのスティックタイプコンシーラー・コレクチュールヴィサージュの色選び方法についてです。

コレクチュールヴィサージュの5色からの色選びは、この通りです。

  • LOライトオークル:赤いニキビ跡やニキビ、小鼻の赤みをカバー
  • NOナチュラルオークル(標準色):鼻や頬の毛穴、シミをカバー
  • DOダークオークル:茶色いニキビ跡や濃いシミをカバー
  • POピンクオークル:血色が足りない部分をカバー
  • Hハニー:青くまをカバー

イエベ肌の方はオークル系はしっくり馴染みます。

しかし、ブルベ肌の方の色選びは注意が必要ですね。

ブルベ肌で注意すべき色選びは、Hハニーです。

Hハニーはオレンジがかった少し濃いめのカラーになりますが、ブルベ肌の方がHハニーを付けすぎるとどうしても浮いてしまいがちになります。

ブルベ肌で青くまの気になるときは、Hハニーを薄く馴染ませまることを意識してみてくださいね。

ブルベ肌にオススメの色選びは、POピンクオークル。ピンクみがかったカラーで、血色UPの効果がありますよ。

すず

筆タイプのコレクチュールエクラプールレジュー|色展開は4色

クレドポーのスティックタイプコンシーラー・コレクチュールエクラプールレジューの色選びについてです。

詳しくカラーはこちらの4色です。

  • LOライトオークル:明るいオークル系
  • NOナチュラルオークル(標準色):自然なオークル系
  • POピンクオークル:ピンクみがかった少し明るめのカラー
  • Mモカ:オレンジがかった暗めのカラー

オークル系2色と、ピンク系、オレンジ系カラーの4色からの色選びとなっていますね。

筆タイプのコレクチュールエクラプールレジュー|4色からの色選び

コレクチュールエクラプールレジューの4色からの色選びは、この通りです。

  • LOライトオークル:赤いニキビ跡やニキビ、小鼻の赤みをカバー
  • NOナチュラルオークル:ニキビやニキビ跡、鼻や頬の毛穴、薄いシミをカバー
  • POピンクオークル:血色が足りない部分をカバー
  • Mモカ:青くまをカバー

色選びに迷ったら、標準色のNOナチュラルオークルをチョイスしてみてください。NOナチュラルオークルは幅広い肌悩みをカバーすることができます。

また、外出先でのメイク直しの際に、ファンデーションが崩れた部分のメイク直しにもおすすめの色でもありますね。

濃いくまを綺麗にカバーしたい方の色選びは、オレンジがかった暗めのカラーであるMモカがオススメですよ。

レクチュールエクラプールレジューは、保湿力が高いところも良いですね。

すず

クレドポーコンシーラーのシミやくまへの正しい使い方もチェック

続いて、クレドポーコンシーラーシミやくまへの正しい使い方も見て行きます。

クレドポーコンシーラーの基本的な使い方

コンシーラーを使うからには、シミやくまなどの肌悩みを綺麗にカバーしたいですよね。

この順番が基本的な正しい使い方です。

スキンケア→化粧下地(リキッドファンデーション)クレドポーコンシーラーファンデーションorフェイスパウダー

それを踏まえた上で、シミやくまへの正しい使い方をクレドポーコンシーラー2種類それぞれでまとめていきます。

すず

スティックタイプのコレクチュールヴィサージュ|シミやくまへの正しい使い方

早速、コレクチュールヴィサージュのシミやくまへの正しい使い方を見ていきます。

シミへの使い方

  1. コレクチュールヴィサージュを0.5cm〜1cm程くり出します。
  2. コレクチュールヴィサージュを直接シミに乗せるか、コンシーラーブラシに取ってシミに乗せます。
  3. コンシーラーブラシで馴染ませます。コンシーラーブラシがなければ、指の腹で馴染ませても◎!

コレクチュールヴィサージュは、重ね塗りしても厚塗り感が出ないという口コミも多いです。カバー力が足りない部分は、少しずつ重ね塗りしましょう。

また、コレクチュールヴィサージュは、紫外線カット効果があるので、シミを作る原因となるメラニンの働きをを抑えてくれますよ。

シミをカバーしながら予防もしてくれるのは最高ですね。

すず

ブラシを使った使い方は、ムラなく綺麗に仕上がるのでおすすめです。

クレドポーから出ているコンシーラーブラシ「パンソー(コレクチュール)n」がおすすめですね。テクニック要らずで色むらなく綺麗に仕上がりますよ。

くまへの使い方

  1. コレクチュールヴィサージュを0.5cm〜1cm程くり出します。
  2. くまに沿って直接塗ります。
  3. 指の腹でトントンと叩きこむように馴染ませます。

使い方のポイントとしては、滑らせて馴染ませる使い方は注意してください。

摩擦やカバー力が落ちる原因になってしまいます。

摩擦は茶くまができる原因の一つです。目元の皮膚は薄くデリケートなので、優しくトントンと叩き込むように密着させると綺麗に仕上がりますよ。

また、目元の皮膚は動きやすい部分でもあります。

重ね塗りをするとヨレの原因になるので、薄づきでつけていくと綺麗に仕上がります。

筆タイプのコレクチュールエクラプールレジュー|シミやくまへの正しい使い方

続いて、コレクチュールエクラプールレジューのシミやくまへの正しい使い方を見ていきます。

シミへの使い方

  1. ノックボタンをリキッドが出てくるまで2回程押します。(初めての使用の場合は20回程度)
  2. シミに直接塗ります。
  3. 指の腹やスポンジでぼかします。

コレクチュールエクラプールレジューは、コレクチュールヴィサージュと比べ、ナチュラルな仕上がりです。

カバー力が足りない場合は、使い方の1〜3を繰り返します。

くまへの使い方

  1. ノックボタンをリキッドが出てくるまで2回程押します。
  2. くまに沿って直接塗ります。
  3. 指の腹やコンシーラーブラシで肌との境目が分からなくなるようにぼかします。

コレクチュールエクラプールレジューは、目元をパッと明るくしてくれる効果があるんです。

保湿力が高いので、皮膚が薄く乾燥しやすい目元も長時間乾燥知らずで綺麗な仕上がりが続きますよ。

クレドポーコンシーラー|口コミでは「どちらもカバー力が高い」との評価

クレドポーコンシーラの口コミ評価も確認していきます。

実際の口コミの声を見ると「カバー力が高い」という声がとにかく多かったですね。

しかし、デパコスだけあって、コレクチュールヴィサージュ、コレクチュールエクラプールレジューも6000円超えなので「値段が高い」との口コミも出ていました。

2種類のクレドポーコンシーラは使い方や質感も違うので、実際に使用した方々のリアルな口コミを確認してみます。

それでは、良い口コミ、悪い口コミの順番に見て行きましょう。

すず

コレクチュールヴィサージュの良い口コミ「カバー力が高く、時間がたってもヨレない」

まず、コレクチュールヴィサージュの良い口コミをまとめていきます。

  • 滑らかなテクスチャーで馴染みが良い
  • カバー力が高く、時間がたってもヨレない
  • しっかり密着して夕方になっても綺麗なまま
  • カバー力が高く、伸びがいいのでコスパも良い
  • カバー力が高いのに、境目がわからないくらい自然にカバーできる
  • 持ち運び、メイク直しにも便利
  • フィット感と滑らかさのある使用感が良い
  • 紫外線や乾燥から守りながら、カバーできるのが嬉しい
  • カバー力もナチュラル感も両方兼ね備えられてる

コレクチュールヴィサージュの良い口コミの中でも「カバー力が高い」「密着感がありヨレない」という口コミが多いです。

コレクチュールヴィサージュは、コンシーラーをする上で最も重要な「カバー力の高さ」と「カバー力のモチ」が備わっていると言えますね。

すず

コレクチュールヴィサージュの悪い口コミ「値段が高い」

コレクチュールヴィサージュの悪い口コミをまとめていきます。

  • くまに使用したが、時間が経つと乾燥が気になった
  • 値段が高い

コレクチュールヴィサージュは、乾燥肌の方には時間が経つと乾燥が気になるとの口コミが出ていましたね。

乾燥肌の方は、コレクチュールヴィサージュを使用する前に、丁寧にスキンケアをし、保湿力の高い下地を使用することをおすすめします。

コレクチュールエクラプールレジューの良い口コミ「カバー力も高く自然なツヤが出る」

次に、コレクチュールエクラプールレジューの良い口コミをまとめていきます。

  • 柔らかく塗りやすく最高
  • 乾燥肌でも乾燥が気にならない
  • 筆ペンタイプがとても使いやすい
  • カバー力も高く自然なツヤが出て目元が明るくなる
  • 時間がたっても崩れずモチが良い
  • 使いやすさ、カバー力どれもクオリティーが高い
  • 品のある香りで気分が上がる
  • 乾燥しないがベタつきもなく、密着感がある

コレクチュールエクラプールレジューの良い口コミの中でも、「乾燥しない」「自然にカバーできる」という口コミが多いです。

コレクチュールエクラプールレジューはコレクチュールエクラプールレジューよりカバー力は落ちるけれど、ナチュラルにカバーでき保湿力が高いことが分かります。

コレクチュールエクラプールレジューの悪い口コミ「頑固な茶くまは隠れない」

コレクチュールエクラプールレジューの悪い口コミをまとめていきます。

  • 頑固な茶くまは隠れない
  • 中身の残量がわからない
  • 値段が高い

コレクチュールエクラプールレジューは、カバー力はコレクチュールヴィサージュには劣るようです。

また、「中身が見えないので残量がわからない」という口コミもありました。

コレクチュールエクラプールレジュー人気な故、残量わからないのでストック買ってると言う人も多いです。

必需品でなくなると困るという人も多い印象でしたね。

すず

クレドポーコンシーラーはリニューアルしてさらに人気に!

実は、コレクチュールヴィサージュは2018年3月21日にリニューアルされているんです。

リニューアル後、何が変わったのかというと、「カバー力は高いままで伸びが良くなった」「保湿力が上がった」という声が多かったですね。

実際、リニューアル後のコレクチュールヴィサージュは、肌荒れ防止、保湿成分も配合されています。

リニューアル後は、カバー力の高さは保ちつつ、保湿力がUPしたんです。

また、SPF25 PA+++と紫外線カット効果もあり、肌をケアしながら肌悩みをカバーできます。

リニューアル前から人気が高かったコレクチュールヴィサージュですが、リニューアルされて更に人気が出てきましたよ。

すず

クレドポーコンシーラーは綺麗にカバーした人にはオススメのアイテム

クレドポーボーテのレクチュールヴィサージュとコレクチュールエクラプールレジュー。

こちらの2つのコンシーラーについて、それぞれの色選び方法やシミやくまへの使い方、口コミなどを解説しました。

それぞれの色展開も違っていましたね。コレクチュールヴィサージュ5色からの色選びで、コレクチュールエクラプールレジュー4色からの色選びでした。

使い方別の特徴をまとめると、このようになりました。

コレクチュールヴィサージュ
  • 紫外線をカットしたい方
  • シミやそばかすをカバーしたい方
  • しっかりカバー力がほしい方
コレクチュールエクラプールレジュー
  • くまや目元をパッと明るく見せたい方
  • 肌のくすみを飛ばしたい方
  • 乾燥が気になる方
  • ナチュラルにカバーしたい方

このように、使い方や仕上がりの違う2種類のコンシーラなので、なりたい肌に合わせて選ぶことができますよ。

しっかり肌悩みをカバーをして紫外線も予防したいなら、コレクチュールヴィサージュを。

ナチュラルにカバーし乾燥しない方が良い方なら、コレクチュールエクラプールレジューを試してみてくださいね。

ベースメイクになくてはならない1本になってくれるアイテムです。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA