あなたにぴったり!ファンデーションやアイブロウ・まつげ美容液などのメイクアップツールの色選び・使い方・口コミをイエベやブルベ、日本人のお肌にマッチした形で提案させていただきます♪by STIMU

シュウウエムラコンシーラーの色選び口コミ評価を徹底解説!正しい使い方もチェック

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

アンリミテッドコンシーラーは、コスメブランド「シュウウエムラ」から発売されているコンシーラーです。

程よく軽いテクスチャーで素肌にスッと伸びるのが特徴で、ハイライターとしての使い方もできるのでニキビやシミ隠し以外の使い方もおすすめですよ。

アンリミテッドコンシーラーの特徴がこちらです。

  • 色展開全13色
  • ニキビやシミ隠し以外にもハイライトとしての使い方も可能
  • 高い保湿力成分配合

アンリミテッドコンシーラーの口コミには「カバー力が高い」「密着度がいい」とのコンシーラーとして活躍できるアイテムになっていますよ。

それでは、シュウウエムラ・アンリミテッドコンシーラーの13色からの色選び口コミ評価、シミやニキビ跡への正しい使い方も詳しく解説していきます。

すず

シュウウエムラコンシーラー|豊富は13色からの色選び

まずは、シュウウエムラコンシーラーの色展開とおすすめの色選びについて解説していきます。

アンリミテッドコンシーラーは、アジア人の肌に合うよう豊富なカラーバリエーションで展開されています。

では、全部の色展開とおすすめの色選びについて詳しく解説していくので、確認していきましょう。

すず

シュウウエムラコンシーラー|色展開13色をチェック

まずは、シュウウエムラコンシーラーの色展開です。

シュウウエムラのアーティストがアジア人のために考えた色展開で作られています。

全13ありますが、1色ずつ詳しく確認していきます。

すず

全13色の色味がこちらです。

3ライト・3ミディアム・4ライト・4ミディアム・5フェアー・5ライト(標準色)・5ミディアム・6リッチプラス・6ライト・6ミディアム・7ライト・7ミディアム
・7リッチプラス

どんな肌でも合うように、同じ色番には明るい色と暗い色が揃っています。

イエベさんもブルベさんも挑戦しやすい色展開になっていますよ。

標準色も設けられているので、色選びに迷ってしまった時には標準色からタッチアップしてみるのもおすすめですよ。

すず

シュウウエムラコンシーラー|色選び方法をブルベ、イエベ別に解説

次は、シュウウエムラコンシーラーのブルベ肌、イエベ肌別に色選びを解説していきます。

シュウウエムラのファンデと相性の良いおすすめのコンシーラーでは、色選びも大切です。

シュウウエムラでファンデーションを既に使用している方は、コンシーラーの色選びに役立てて行きましょう!

すず

肌色別でおすすめの色選びですね。

ます、肌色は、簡単に2つに分けるとブルーベースとイエローベースに分けられます。

ブルーベースとイエローベース別に、色選びの仕方について分けるとこのような感じです。(※標準色は基準となる色なので、外しています。)

◆ブルーベースおすすめ色選び

3ライト・3ミディアム・4ライト・4ミディアム・6ライト・7ライト・7ミディアム

◆イエローベースおすすめ色選び

5フェアー・5ミディアム・5リッチプラス・6ミディアム・7リッチプラス

コンシーラーの色選びに迷った時は、こちらを試してみてくださいね。

ブルーベースや、イエローベースどちらか分からないという方は、検索すると簡単に判断する方法がヒットします。

自分に合うのはどちらかな?と悩んだら、検索して確認してみて下さいね。

すず

シュウウエムラコンシーラー|基本の使い方からシミやニキビ跡への使い方までチェック

それでは、色選びと色展開の次は、実際の使い方について解説して行きますね。

シュウウエムラコンシーラーのシミやニキビへの使い方です。

コンシーラーの基本的な使い方と、シミやニキビ跡を隠すときの使い方について、細かくチェックして行きますよ。

すず

シュウウエムラコンシーラーの使い方は2ステップ

まずは、シュウウエムラコンシーラーの基本的な使い方から確認していきます。

◆使い方

  1. ベースメイクを終えた肌に、少量直接乗せて下さい。
  2. 指先や筆で満遍なく伸ばして下さい。

伸ばすときは、馴染ませるイメージで伸ばすと綺麗に伸びます。

アンリミテッドコンシーラーは伸びがいいので塗りやすいですよ。

シュウウエムラではプロ仕様のブラシもあり、ブラシを別途購入してピンポイントで肌にのせていくと綺麗に仕上げることができますよ。

もちろん、手持ちのブラシでも十分使えるの、お持ちの方は使用してみて下さいね。

すず

シュウウエムラコンシーラーのシミやニキビ跡への使い方もチェック

基本的なコンシーラーの使い方はおさらいできましたね。

では次に、シュウウエムラコンシーラーのシミやニキビなどへの使い方について解説していきます。

コンシーラーを使用する時は、シミやニキビなど中々隠せない部分の使い方に苦戦しますよね。

そんな時は、使い方のポイントも試してみてください。

すず

◆使い方のポイント

  1. ベースメイクを終えた肌に、ニキビやシミ気になるところに三点置きで乗せて下さい
  2. 赤い部分をカバーするように筆か指先でトントンと馴染ませて下さい
  3. シミやニキビ部分にのみ乗せるとその部分が浮いてしまうので、境目も含めて肌色が均一に見えるように塗りましょう。

そして、シミやニキビでの使い方では、注意しておきたいことが1つあります。

シミやニキビの部分を隠したいがために、その部分に重ね塗りの使い方をすると逆に目立ってしまうのでやめましょう

シミやニキビを隠す時には、周りから中心にかけて少しずつ塗るようにする使い方を心がけてみて下さい。

このようにすれば、綺麗に肌に伸びて自然にカバーすることができますよ。

すず

シュウウエムラコンシーラー|口コミでは「カバー力とても高いが、目元が乾燥する」との評価

では次に、シュウウエムラコンシーラーの口コミを解説していきます。

実際の口コミには「仕上がりがとても軽い」「シミやクマがしっかり隠れる」との評価があり、カバー力の高さを感じる声がとても多かったですね。

しかし、「目元が乾燥する」との低評価もありました。

それでは、良い口コミと悪い口コミの両方見て行って、しっかり確認して行きましょう。

すず

シュウウエムラコンシーラーの良い口コミ「密着度が高いのでヨレにくい」

まずは、シュウウエムラコンシーラーの良い口コミから確認していきます。

  • カバー力とても高いです
  • 伸びがいいので少量で済みコスパ良いです
  • アイシャドーブラシで伸ばすと綺麗に伸びます
  • クマやそばかすを隠すなら肌より若干暗い色選びがおすすめです
  • カバーできて時間が経っても透けないです
  • 密着度が高いのでよれにくいです
  • ひと塗りでカバーしてくれます
  • 密着度が高いのでヨレにくいです

良い口コミでは、使い方や仕上がりについての高評価が多かったですね。

店頭では美容部員さんがおすすめの使い方から色選びについて、しっかりレクチャーしてくれたのも良かったということが口コミには書かれていましたよ。

コンシーラーを使ったことがなくて使い方がわからない時、色選びに迷ってしまったなんて時には頼ってみると良いですね。

親身に相談に乗ってくれるのでおすすめですよ。迷った時には、店頭で試してみましょう。

すず

シュウウエムラコンシーラーの悪い口コ「目元の乾燥が気になる」

次に、シュウウエムラコンシーラーの悪い口コミを確認していきましょう。

  • 時間が経った時にシワが目立ってしまう印象でした
  • 保湿系下地との併用でないと乾燥が気になりました
  • 口コミでもありましたが乾燥が気になるのは特に「目元」でした
  • 薄くはなりますが、完全に消すのは不可能です
  • 目元以外の使用には満足です
  • チップは塗りやすいですが、取手のところが何故かとれやすいです
  • シミにはとても良いですよ!クマやニキビには合わない感じがありました

悪い口コミはこのようになっていました。

乾燥についてが多く、特に目元の乾燥は避けられないようですね。

また、カバーアイテムではありますが、全てを完全に消すという点については期待しない方がいいかもしれません。

どのコンシーラーにも向き不向きがあります。こまめなお直しで綺麗な状態をキープするのをおすすめしますよ。

すず

シュウウエムラコンシーラー|成分では落ちにくいは要注意

シュウウエムラコンシーラーの使い方の次は、成分について解説して行きます。

実際に肌に乗せるものなので成分は気になりますよね。

では、シュウウエム・アンリミテッドコンシーラーの成分についても詳細を確認して行きましょう。

アンリミテッドコンシーラーの全成分はこちらになります。

水、シクロペンタシロキサン水添ポリイソブテン、イソステアリン酸ソルビタン、プロパンジオール、合成フルオロフロゴバイト、PG、オクテニルコハク酸デンプンAI、オゾケライト、ジステアルジモニウムヘクトライト、フェノキシエタノール、ステアロイルグルタミン酸2Na、硫酸Mg、(アクリロニトリル/メタクリル酸メチル/塩化ビニリデン)コポリマー、水酸化AI、エチルヘキシルグリセリン、トコフェロール、イソブタン、BG、ヒアルロン酸Na、加水分解コメエキス、[+/-]酸化チタン、酸化鉄

水の次に多いシクロペンタシロキサンは、シリコーンオイルの一種ですね。

赤ちゃんが使用したとしても肌に何か問題が起こる可能性はとても低いとされています。

特徴は、ベタつきがなく、軽く伸びやすい、さらっとした質感、さらに汗や水に強いことです。

化粧崩れを抑える成分ですよ。

すず

そして、その次に多い水添ポリイソブテンは、ニベアにも上位配合されている成分になります。

高保湿の成分はニベアでも使われている水添ポリイソブテンの成分というわけです。

口コミでも「密着度が高いのでヨレにくい」と言われているのは、この水添ポリイソブテンの性質のおかげでしょう。

アンリミテッドコンシーラーの成分は、こちらの二つの成分により密着度が高いアイテムと言えますね。

すず

ただ、密着度を高めの成分になりますが、油性成分であることと皮膜力が高いことから、洗顔で落としにくいという欠点があります。

落ちにくいのでしっかりとクレンジングで除去する必要がありますね。

しかし、強めのクレンジングを使うと、たるみ、シワ、乾燥の原因となります。

クレンジング後はしっかりと保湿することをおすすめしますよ。

すず

シュウウエムラコンシーラー|種類ではペンシル(クレヨン)もおすすめ

続いて、シュウウエムラコンシーラーの種類についても見て行きます。

シュウウエムラコンシーラーには、ペンシルタイプのコンシーラーもあります。

リキッドタイプではない、ペンシルタイプだからこその手軽さが人気の特徴ですね。

軽いお直しに使う使い方もできるので、使い勝手のいいアイテムとなっていますよ。

◆カバークレヨン(ペンシルコンシーラー)

  • 色展開:全2色
  • 税込3,300円

カバークレヨンは2色が1本になっているので、悩み別にあわせて使い分けることができます。

ペンシルタイプは、小さいシミやアイブロウの輪郭用、立体感をつくるハイライトとしてなどの使用方法がありますよ。

幅広く活躍しての使い方が可能です。特に小さいシミに使い勝手が良いと口コミ評価にありましたよ。

すず

リキッドだと乾燥が気になる方は、ペンシルタイプは肌に合うかもしれないのでおすすめです。

シュウエムラのペンシルタイプコンシーラーの名前は「カバークレヨン」なので、確認してみてくださいね。

シュウウエムラコンシーラーは13色展開で色選びに魅力たっぷり!

シュウウエムラコンシーラーの13色からの色選びと口コミ評価、クマやニキビ跡への正しい使い方もチェックしていきました。

アンリミテッドコンシーラーは豊富な展開なので、どんな肌色の方でも自分に合った色選びができるでしょう。

なかなか色選びが難しいブルベ肌でも、安心して色選びができますよ。

なかなか隠せなかった、クマやニキビ跡もしっかりカバーできるので、ピンポイントの使い方がオススメですよ。

口コミ評価には「カバー力が抜群」「密着度が高い」とあり、高評価のアイテムです。

しかし、「乾燥する」との低評価もありました。

密着成分が高いため、どうしても乾燥が気になってしまうようです。

すず

  • 乾燥しないものが良い
  • 肌に優しいと嬉しい
  • カバー力のあるものが知りたい!

そう考える方には、こちらのコンシーラーも魅力的ですよ。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA